HOME > ウィメン ショップ

ウィメン ショップ

ショップには、従来の支援製品の他パキスタンのペーパービーズ(日本ではウィメンショップのみで販売)やラオスの刺繍製品など様々な商品を揃えています。 立ち寄って下さるお客様のお買い上げが、支援につながる事を日々感じながら、ご来店をお待ちしています。


  • ◆「UN Women」はジェンダー平等と女性のエンパワーメントを目指して、開発途上国のみならず、すべての国の女性がエンパワーメントするための活動をしています。
  • ◆「ウィメンショップ」では、様々な国の製品をとおして、互いの国のこころが通じ合い繋がることを願って活動を続けています。 女性の自立を支援するためにできるだけ女性達が作った品物を販売することを目指しています。また障害を持った方の自立を支援するために地域の福祉作業所製作の品物も販売しています。

■開店時間:11:00〜16:30
■定休日:祝日・休館日(毎月第4木曜日)・年末年始
■連絡先:TEL&FAX 045-869-6787

ショップの商品

■クッキーと紅茶   ■小物(パキスタン)   ■カード・絵葉書
クッキーと紅茶   小物(パキスタン)   カード・絵葉書
■革バッグ(インド)   ■布バッグ・ポシェット(ネパール)   ■天然石・ビーズアクセサリー
革バッグ(インド)   布バッグ・ポシェット(ネパール)   天然石・ビーズアクセサリー
■手提げ(ケニア)   ■スカーフ(インド)   ■古布再生軍手・ソックス・布巾
手提げ(ケニア)   スカーフ(インド)   古布再生軍手・ソックス・布巾

■ラオスの山岳地帯に住むモン族の刺繍

  •  ラオスモン族はベトナム戦争に巻き込まれ戦死者も多く、タイの難民キャンプで長く不自由な暮しでした。ラオスに帰還しても山を切り開き畑を作り,厳しい自給自足の生活でした。お祖母さんから小さい女の子まで,ひと針ひと針刺繍した品です。刺繍がノートになり,薬代の助けになっています。
モン族の刺繍   モン族の刺繍   モン族の刺繍

■パキスタンの女性を救う希望のビーズ『ペーパーミラクルズ』

  •  2005年パキスタンで大きな地震があり、被災して身体が不自由になった女性たちは、家族に見放され暗く暮らしていました。自立したいという女性のために、パキスタンで開発援助コンサルティングの会社を経営されている高垣絵里さんが、東アフリカのウガンダで見た紙で作るアクセサリーを思い出して、試行錯誤しながら女性たちに教え古紙や雑誌等を細長く裁断して,1つ1つくるくる巻いて色鮮やかなアクセサリーに生まれ変わらせました。現金収入を得る事が出来て、女性たちは笑顔を取り戻し前向きに暮らせるようになりました。
ペーパーミラクルズ   ペーパーミラクルズ   ペーパーミラクルズ
PAGE TOP
ウィメン ショップ